過度な広告も禁止に

消費者金融では、さらに過度な広告は貸金業規制法で規制されています。
実は従来から金融庁では社会的に過剰な宣伝であると批判されるような過度な広告をしてはならないとしていましたが、法的な規則ではありませんでした。
ですから、法改正後はCMなどの内容も過度な勧誘行為が規制されるようになりました。
具体的には、顧客を誘引することを目的とした特定商品を、その業者の中心的な商品であると誤解される内容や、他に借り入れがあったり返済能力がない人を対象として勧誘する内容は控えるという規制です。
それ以外にも借り入れが容易であることや貸付の利率以外の利率を貸付の利率を誤解する内容も、規制されているのです。
消費者金融から借り入れする場合は、CMなどでは掲載されないような細かい内容までしっかり理解してから、借入することが大切でしょう。

このブログ記事について

このページは、pjが2014年7月28日 09:17に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「1000円の返済額の違いについて」です。

次のブログ記事は「教育費の為にお金借りることにしました」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。