おまとめローンを利用するよりも債務整理を

おまとめローンとは、複数の消費者金融からの借り入れを銀行で一つにまとめ、利息制限法で定められた金利で借金を返済していくというシステムです。消費者金融で定める高い金利から開放されるため、一見債務者の救済策のように思われますが、実際はデメリットが多く、利用はすすめられません。
 おまとめローンの一番の問題は、「過払い」分が全く考慮されていない点です。罰則がないために、多くの消費者金融では法で定められた以上の金利を設定し、債務者に元金以上の支払いを強いている現状があります。つまり債務整理を行い、元金を利息制限法に引き直せば、借り入れは減ったり完済になるはずなのです。しかしおまとめローンは、それを見直さないまま銀行に移行するだけのシステムです。月々の金利が減額するため確かに楽になる部分もありますが、それは根本的な解決ではありません。
 おまとめローンは、広告のうたい文句のように手軽でメリットのあるものではありません。ローンの一本化よりも債務整理を考える方がずっとメリットがあります。債務整理については司法書士、弁護士など法律の専門家に相談しましょう。無料相談を受け付けている法律事務所も数多くあります。

このブログ記事について

このページは、pjが2014年9月15日 10:08に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「出産後一番驚いたこと」です。

次のブログ記事は「FX失敗談その7. "FXファンダメンタルズ"女」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。